マットレスであなたの腰痛を劇的に改善します

そもそも腰痛に良いマットレスとはどんなものなんでしょうか?

 

寝具コーナーで働いているとマットレスを購入するお客様と会話する機会が多いんですが、ほとんどの方が「腰痛に良いマットレス」「肩こりに良いマットレス」を探してます。

 

腰痛とマットレス

 

肩こりに良いマットレスというのは難しくて、どちらかというと枕になるんですが、腰痛についてはマットレスが深い関係にあります。

 

「腰痛には硬いのがいい」とか「柔らかい方が腰が安定する」…色々言われてますが、今回は腰痛に良いマットレスとはどんなものなのか?あなたがマットレス購入時に失敗しない以下3つのことをお伝えします。

 

  1. 寝姿勢を正しく保てること
  2. 寝返りが打ちやすいこと
  3. 正しい寝姿勢が保てて寝返りがしやすいマットレスとは?

 

寝姿勢を正しく保てるって具体的には?

腰にやさしいマットレスは体圧分散が必要とか色々言われてますが、一言でいえばあなたの腰に負担がかからない正しい寝姿勢が保てることが重要です。

 

では、腰に負担のかからない正しい寝姿勢っていうのは何かっていうと、あなたが真っすぐ立っている状態がマットレスの上に仰向けになっても同じ状態ということです。

 

寝姿勢
この寝姿勢が腰痛には理想です!
寝起きの疲れも取れます。

 

 

例えば寝心地抜群といわれてる(実際に気持ちいいんですが)低反発マットレスのように柔らかく体が沈み込むマットレスは、腰やお尻の部分が沈み込んでしまうので正しい寝姿勢が維持できません。

 

また、寝返りもかなり減ってしまいます。

 

寝姿勢(柔らかすぎる)
この寝姿勢は腰が沈み込んでしまって腰椎に負担をかけてしまいます。

 

例えば、腰やろっ骨などの骨折で寝返りを打つと激痛で目が覚めてしまうというような場合はいいかもしれませんが普段の腰痛対策としてはおススメできませんね。

 

 

一方、和布団やあなたにとって硬すぎるマットレスの場合は肩と腰に圧力が過度にかかってしまうので寝起きにズキズキと首肩腰が痛いということにもなりかねません。
寝姿勢(硬すぎる)
この姿勢はそもそも寝心地も良くない!

 

 

正しい寝姿勢を実現するにはあなたの体にとって柔らかすぎず、硬すぎないマットレスが最も適しています。

 

 

言い換えると正しい寝姿勢が実現できるマットレスというのは必然的に体圧分散が最適な状態といえます。

 

寝返りが打ちやすい

特に筋肉、血行が世痛の原因の場合は寝返りが重要です。

 

たまに整体師さんが寝返り回数なんて「腰痛と全く関係ない!」と解説しているブログを見かけますがちょっと疑問です。

 

 

寝返り、寝相と腰痛の関係は大学、厚生労働省でも認めているし、その報告を受けて色々な健康番組でも取り上げられてきたのをご存知でしょうか?

 

 

誤解のないように言いますが、仰向け手寝ている状態が体が一番リラックスしていて腰に対しても負担が少ない状態です。

 

といっても、寝返り回数が少ないと、つまり長時間仰向けの状態で寝続けるのは特に腰を圧迫し続けることになって腰痛を引き起こします。

 

寝返りっていうのは、あなたが睡眠中に体の一部に負担がかかってしまっているのを自然と回避する為に自然と行われる現象です。
寝返りを打つことで睡眠中の血行が改善することにも役立ちます。

 

 

腰痛の原因は色々ありますが、腰への負荷をため込んだ、血行が悪くなってしまったというのが殆どです。

 

 

寝相がいいってことは上品に思えるんですが、その分睡眠中に体を動かしてないということで、血行が悪くなるし、筋肉も固まってしまうんですね。
また、寝返りが少なく同じ状態で寝ていると内臓の重みが腰を圧迫してしまうので腰痛の原因になります。

 

寝返りを打たないとますます体が硬くなって、特に寝起きに腰が痛くなるという悪いスパイラルになってしまいます。

 

 

一方、寝返りが打ちやすいマットレスを選ぶことで、睡眠中の血行をよくして腰の圧迫を軽減してくれるので腰痛と寝返りっていうのはすごく深い関係にあるんです。。

 

ただし、

 

いままでずっと寝相が良くて体が硬くてという場合はマットレスをよいものに変えたとしてもすぐに寝返りが増えない可能性もあります。
1日に数分でいいのでストレッチをしてください、

 

おススメのストレッチ動画を紹介しますね。

他にもYoutubeで「腰痛 ストレッチ」などで検索すると、色々とあなたにとって合ったストレッチが紹介されてるので参考になりますよ。

 

 

正しい寝姿勢が保てて寝返りがしやすいマットレスとは?

ここまで、腰痛に良いマットレスとは「正しい寝姿勢で寝れるマットレス」「寝返りが打ちやすいマットレス」この2つの条件を同時に備えたものと説明しました。

 

じゃあ、この2つの条件を満たしたマットレスはどうやって選ぶのか?

 

ここが一番重要です。

 

結論から言うと、正しい寝姿勢が保てて寝返りがしやすいマットレスはあなたの体重に合った硬さのマットレスを選ぶことが重要です。

 

 

体重が軽い人は柔らかめ、体重が重い人は硬めのマットレスを選ぶとただしい寝姿勢が保てて、寝返りが打ちやすい結果につながりますよ。

 

マットレスには反発力(N)、または反発弾性という形でマットレスの硬さが示されてます。

 

私が使っているモットンのHPでも体重別に適正なマットレスの硬さが掲載されてるのでそれを参考にすると失敗が少なくなるのでお勧めです。

 

マットレスの硬さと体重

 

>>モットンのHPはコチラ<<

 

 

中でもやっぱり私が使ってるモットンは購入後に
「もうちょっと柔らかいマットレスのほうが腰によさそう」
「もうちょっと硬いマットレスのほうが腰によさそう」
と感じたら交換できるし、90日間使ってみても腰痛が緩和されなければ返金保証があるのでマットレスを検討してる人で「失敗したらどうしよう」と思っているならおススメです。

 

>>マットレス「モットン」の評価|口コミと実際の違いを徹底検証<<

 

 

腰痛に良いマットレスの条件の補足@

また、3つ折りのマットレスよりは1枚物のマットレスのほうが腰痛対策としてはおすすめです。

 

3つ折りタイプのマットレスは収納に便利である反面、マットレスの切れ間があるので体圧分散性が1枚物のマットレスに劣ってしまいます。
可能であれば3つ折りタイプじゃない、1枚物のマットレスを選んでくださいね。

 

 

腰痛に良いマットレスの条件の補足A

マットレスというのは寝具の中でも短い寿命です。
使っているうちに見た目ではわからないゆがみが生じ知らないうちに正しい寝姿勢が保たれず腰痛の原因になってしまいます。

 

マットレスの質にもよりますが、5年を目安にマットレスの交換を意識することをおススメしてますが、安いものじゃないのでなかなか難しいですよね。
なるべくマットレスの寿命を延ばすためには、定期的にローテーションして使うことをお勧めします。

 

1か月に1度くらいはマットレスを裏表、上下に分けて使うことでマットレスにかかる負荷を分散することが出来ます。
1年中マットレスの同じ場所の圧力をかけていると、どんなに耐久性に優れたマットレスも早めに歪んでくるので注意してくださいね。